メール:メールがもっと便利で楽しくなる!
色々なサービス充実!
メール > メールサービス > メールウイルスチェックプラス > ホームページウイルスチェックのよくあるお問い合わせ
ホームページウイルスチェック

よくあるお問い合わせ

サービスについて

Q:複数のパソコンで利用したいのですが?

A:1契約につき1台のパソコンでご利用になれます。
複数のパソコンで利用される場合は、メールウイルスチェックプラスを追加購入してください。
メールウイルスチェックプラスは、ご利用のメールボックスの数まで購入できます。通常のご契約では、メールボックスは1つです。
メールボックスはセカンドメールボックスで4つまで追加することができます。(有料)
必要なパソコンの台数分メールボックスを追加し、「メールウイルスチェックプラス」をご購入ください。

Q:2人で一台のパソコンを共有する場合は?

A:バージョン2.xの場合は、1人のお客様が利用設定を行えば、そのパソコンの別のアカウントのお客様もホームページウイルスチェックを利用できます。ユーザアカウント単位の設定は必要ありません。

動作条件

Q:フレッツ接続ツールと併用できますか?

A:フレッツ接続ツールver.2.2.5Aとの併用は、一通りの動作確認が取れておりますが、動作保証できかねますので、ご了承ください。
また、フレッツ接続ツールでインターネットに接続した直後に、Internet Explorerを起動した場合は、次の画面が表示される確率が高くなりますのであらかじめご了承ください。表示された場合は、右の画面でOKボタンを押してください。

Q:ダイヤルアップ接続でも利用できますか?

A:ご利用可能ですが、ホームページの表示に時間がかかることがあるため、回線利用料金が増えてしまうことがあります。
ADSLや光ファイバーでのご利用をおすすめします。

Q:BIGLOBE以外のプロバイダや回線でも利用できますか?

A:ホームページウイルスチェックはBIGLOBE以外のインターネット接続ではご利用できません。
BIGLOBEの提供するインターネット回線以外で接続する場合は、ホームページウイルスチェック接続ツールのメニューで「ウイルスチェック停止」にしてご利用ください。
そのまま利用されると、「BadGateway」と表示されたり、接続できない場合があります。
※フレッツ・スクウェアでは利用できません。

Q:モバイル環境でも使えますか?

A:利用可能です。(FOMA、AIR-EDGE、PacketWIN/PacketOne)
ただし、PocketPCやPalmなどではご利用になれません。

Q:無線LANからでも利用可能ですか?

A:家庭内無線LAN、モバイルインターネットからは利用可能です。
無線LANスポット(BBモバイル、iPassブロードバンド、ホットスポット)ではご利用できません。フレッツ・スポットではご利用いただけます。

利用設定/利用再設定

Q:パソコン名とは?バージョンアップしたらパソコン名が”パソコン1”になりました

A:ホームページウイルスチェックを設定したパソコンを識別するために、「利用設定」時にお客様に付けていただくものです。
自由な名称を付けてください。(例)お父さんのパソコン、リサのPC、職場のパソコンなど)
利用設定時に登録したパソコン名は、Windowsタスクバー(パソコン画面右下)のアイコンをクリックして、「バージョン情報」メニューを選択すると確認できます。
変更したい場合は、「利用再設定」メニューより行えます。

※ホームページウイルスチェック接続ツール バージョン1.0.0(2003年11月1日まで提供)をご利用のお客様が、利用再設定等によりバージョンアップされた場合は、一律で「パソコン1」とつけさせていただきました。変更されたい場合は、利用再設定を行ってください。

Q:利用設定確認ページで[設定する]ボタンをクリックすると、セキュリティの警告画面が表示されるのですが?

A:サービスの利用設定を自動的に行うために、ActiveXという仕組みを使用しています。セキュリティの警告画面の中に、NEC BIGLOBEの署名があることを確認して[はい]ボタンをクリックしてください。

Q:利用設定をしても、完了メッセージが表示されないのですが?

A:ブラウザのセキュリティの設定が「高」あるいは、「署名済みActiveXコントロールのダウンロード」の設定が「無効にする」に設定されている可能性があります。セキュリティの設定を「中」にするか「署名済みActiveXコントロールのダウンロード」の設定を「ダイアログを表示する」に変更して利用再設定してください。利用再設定ができない場合は、一旦利用解除後、利用設定を行ってください。

※利用設定/利用再設定/利用解除が完了したら、ブラウザのセキュリティの設定を「高」にしていただいてかまいません。

Q:セキュリティ設定ツールが動作しているのか知りたいのですが

A:Windowsタスクバーの通知領域にアイコンが表示されている状態であれば、セキュリティ設定ツールは動作しています。

Q:セキュリティ設定ツールが起動しません

A:セキュリティ設定ツールが正しくインストールされていない可能性があります。一旦「セキュリティ設定ツール」のアンインストールを行ってから、利用再設定を行なってください。
アンインストールはこちら

Q:インストールがうまくいかないのですが?

A: 64ビットOSにインストールする場合
ホームページウイルスチェックは64ビット版のWindows 7でもご利用いただけますが、インストールは32ビット版のInternet Explorerで行う必要があります。
64ビット版のInternet Explorerをご利用の場合は、32ビット版のInternet Explorerで再度インストールをお試しください。
Windows 7でユーザーアカウント制御のセキュリティレベルを変更した場合
Internet Explorerの起動中にユーザーアカウント制御のセキュリティレベルを変更すると、インストールを完了できない場合があります。
ユーザーアカウント制御のセキュリティレベルを変更した場合は、変更後にInternet Explorerを一度終了し、再起動してからインストールを実行してください。

Q:「BIGLOBE以外のネットワークからは、サービスをご利用になれません。」というエラーメッセージが表示されます

A:ホームページウイルスチェックサービスは、BIGLOBE以外からの接続(他のプロバイダや、企業内LANなど)ではご利用になれません。
BIGLOBEに接続してご利用ください。
BIGLOBE以外から利用される場合は、ホームページウイルスチェックを一旦停止してご利用ください。(タスクトレイのセキュリティ設定ツールのメニューによりウイルスチェック停止を選択する)

Q:「接続の設定が正しくありません。」というエラーメッセージが表示されます

A: BIGLOBEの休会もしくは退会された場合や、接続ツールの設定が正常に行えなかった場合は、ホームページが正常に参照できません。
BIGLOBEを休会/退会された場合は、セキュリティ設定ツールのアンインストールを行ってください。「アンインストール」はこちら
接続ツールの設定が正常に行えなかった場合は、「利用再設定」を行ってください。「利用再設定」はこちら

Q:利用再設定の際に、パソコン名を誤って選択して再設定しました。

A:再度、利用再設定を行い、正しいパソコン名を設定してください。

利用解除

Q:利用解除せずにBIGLOBEを退会したら、ブラウザでホームページを表示できなくなったしまったのですが?

A:セキュリティ設定ツールをアンインストールしてください。「アンインストール 」はこちらから

Q:利用解除で、セキュリティ設定ツールのアンインストールをしても、完了メッセージが表示されないのですが?

A: ブラウザのセキュリティの設定が「高」あるいは、「署名済みActiveXコントロールのダウンロード」の設定が「無効にする」に設定されている可能性があります。セキュリティの設定を「中」にするか「署名済みActiveXコントロールのダウンロード」の設定を「ダイアログを表示する」に変更して 次から解除手続きを行ってください。解除はこちらから

Q:利用解除しても、接続ツールが動作したままのようですが?

A:利用解除でセキュリティ設定ツールのアンインストールが正常に終了しなかった可能性があります。このような場合は、セキュリティ設定ツールのアンインストールをお試しください。アンインストールはこちらから

Q:利用設定したパソコンと別のパソコンで利用解除してもよいですか?

A:パソコン名で管理しておりますので、利用設定を行ったパソコンで解除をお願いします。
もし、解除するパソコンから行わなかった場合、本来設定解除すべきパソコンで次回以降WEBにアクセスすると接続エラーとなります。
その際は、表示された接続エラー画面から[セキュリティ設定ツールのアンインストール]ボタンを選択してください。

利用設定後の動作について

Q:認証画面(ID、パスワード入力画面)とウイルスチェックサーバへの接続画面が表示されました

A:ホームページウイルスチェックはインターネット接続中にバックグラウンドでウイルスチェックサーバに接続していますが、ネットワーク接続のタイミングにより、次の画面が表示されることがあります。

この場合は、上記右の”ウイルスチェックサーバへの接続画面”で、「OK」ボタンを選択してください。 

Q:通信エラーが表示されました

A:次のような場合にエラー画面が表示されることがあります。

ネットワークが接続されていない場合
ネットワークに接続して、ホームページウイルスチェックを再起動してください。
認証情報が正しく設定されていない場合
ホームページウイルスチェックを利用再設定してください。

Q:ホームページの表示が遅くなりました

A:ホームページの表示の前に、サーバでウイルスチェックを行なうため、サービスを利用しない場合と比べて表示が遅くなることがあります。また、パソコンの性能によってセキュリティ設定ツールの実行に時間がかかることがあります。
オンラインゲームで通信速度を遅くしたくない場合や、プロキシで利用できないサービスをご利用の場合は、対象サイトをホームページウイルスチェックの例外に設定することで、問題を回避することができる場合があります。ただし、例外に設定したサイトはウイルスチェックされませんので、お客様自身でサイトの安全性が確認できない場合は例外に設定することはおすすめいたしません。

Q:ファイアウォールソフトで警告が出ます

A:セキュリティ設定ツールはサーバとの通信を行なうため、ファイアウォールソフトなどで警告がでることがあります。その場合には、ファイアウォールソフトでセキュリティ設定ツールの通信 (C:\Program Files\BIGLOBE\HTTPVC\sclnt.exe)を許可するように設定してください。

Q:プロキシを設定するにはどうしたらよいですか?

A:ホームページウイルスチェックはプロキシを使用しているため、基本的にブラウザのプロキシ設定を変更しないようお願いします。
もし、他のプロキシを使用するソフトと併用される場合は、次の方法により設定することができます。

  1. 「セキュリティ設定ツール」(タスクバーのアイコン)のメニューから「セキュリティ設定ツール」を選択→「詳細設定」→「ブラウザの設定」を選択→「ブラウザに手動設定」を選択
  2. ブラウザのプロキシの設定に次を入力
    ・プロキシサーバ anzen.biglobe.ne.jp
    ・ポート 8080

ただし、手動で設定した場合は一部のページ(一部のBIGLOBEストリーミング、IP電話設定など)が閲覧できなくなりますので、ご了承ください

Q:ホームページが正しく表示されません。

A:ページサイズが大きい場合、ウイルスチェックや通信に時間がかかるため、ブラウザがタイムアウトしてしまうことがあります。ウイルスチェックの対象もご確認ください。

Q:例外設定をすると、ホームページウイルスチェックがうまく機能しません。

A:Internet Explorer 9 をご利用の場合、「/」(スラッシュ)を含むアドレスを指定すると、ホームページウイルスチェック機能が無効になります。「/」を含まないように記述してください。

例)
www.biglobe.ne.jp;
192.168.0.1;

Q:BIGLOBEカスタマーサポートの「BIGLOBEネットコミュニティ相談室」で、「1.BIGLOBEのアクセスポイントからご利用の方」を選択するとエラー画面(403Forbidden)が表示されますが?

A:ホームページウイルスチェックのサーバを経由して接続しているため、「2.BIGLOBEのアクセスポイント以外の経路をご利用の方」の選択をお願いします。

ウイルスチェックについて

Q:ウイルスチェックの対象は何ですか?

A:HTTPというプロトコルで接続したホームページがウイルスチェックの対象です。
HTTP以外(HTTPS、FTPなど)のプロトコルは対象外です。
ホームページ接続時のアドレス(URL)の先頭が”HTTP://”で始まっていれば、HTTPで接続していますので、ウイルスチェックの対象となります。
ただし、ウイルスチェック可能なファイルサイズの最大値は100MBまでです。最大値を超えるファイルはウイルスチェックされませんので、ウイルス感染の恐れがあるページとして表示をブロックします。

Q:ウイルスは必ず駆除されますか?

A:本サービスがウイルスチェックとして完全な機能を果たすことを、シマンテック社では保証するものではありません。また、本サービスの保証・責任についてはメールウイルスチェックプラスの利用規約を参照ください。

Q:接続したホームページがウイルスチェックされたかどうかはどのように確認できますか?

A:ウイルスを全て駆除したページに対しては、メッセージがなどが付くことがないので判別できません。ウイルスが駆除できない場合は、アクセスを中止し、”ウイルス感染の可能性があるため接続できない”旨のメッセージをブラウザ上に表示します。

Q:ウイルスチェック結果を見ることができますか?

A:ウイルスチェックはBIGLOBEのサーバで行われますので、お客様のパソコンには結果が残りません。

Q:新種のウイルスは駆除されますか?

A:シマンテック社が提供する最新のウイルス定義ファイルを使用しています。

Q:ウイルス感染しているようですが、どうしたら良いですか?

A:「ホームページウイルスチェック」は、BIGLOBE回線でのウェブサイト閲覧において、ウイルスの検出・駆除を行います。
BIGLOBE以外の回線で接続した場合や、USBメモリなどからウイルスに感染してしまった場合、駆除できません。
ウイルス駆除機能があるセキュリティ対策ソフトを利用し、駆除してください。BIGLOBEセキュリティでは、ウイルス駆除機能のあるセキュリティ対策サービスを多数紹介しています。

Q:メールウイルスチェックプラスを購入していても、ウイルス感染する危険はありますか?

A:メールウイルスチェックプラスでは、メールによる感染、ホームページ閲覧による感染を防ぎます。 ただし、本サービスがウイルスチェックとして完全な機能を果たすことを、シマンテック社では保証するものではありません。本サービスの保証・責任についてはメールウイルスチェックプラスの利用規約を参照ください。
また、 メールやホームページ以外からでもインターネットに接続するだけでウイルスに感染する場合もあります。メール、ホームページ以外からの感染防止には「セキュリティセット・プレミアム」のご利用をおすすめします。